MENU

産後抜け毛が始まる時期

私自身は妊娠中からとても抜け毛が多かったので、産後もいつから激しくなったのかよくわからなかったんですね。

 

でも、一般的にヘアサイクルというのは

 

  • 成長期(髪の毛が生える時期)2〜6年
  • 退行期(髪の毛が抜ける時期)2〜3週間
  • 休止期(髪の毛が生えるまでの休みの時期)2〜3ヶ月

 

の繰り返しですが、産後すぐに多くの髪の毛が一気に抜けてしまい、休止期に入ることによって一時的に髪が薄くなってしまうという状態が続くのです。

 

産後ももちろんこのヘアサイクルは変わらないのですが、女性ホルモンの変化によってこのサイクルにも異常が出てくるのです。

 

休止期の2〜3ヶ月を過ぎればだんだんと髪が生え始め、元のヘアサイクルに戻ると髪の量も改善されてきます。

 

が、女性ホルモンの分泌量や生活習慣などで個人差はありますが、産後6ヶ月頃、遅くとも産後1年ちょいで戻るといわれていますが、要注意なのがそれ以降も戻らない方です。

抜け毛の時期に効果的な対策

紫外線

 

紫外線は顔だけではなく、頭皮や髪の毛にも当然悪いのです。

 

特に産後はいろんな面で免疫力が低下しています。

 

UVカット効果のあるトリートメントで髪をコーティングしたり、日傘をさして紫外線を避けたり、日射量の多い5・7〜8月、紫外線量の多い11:00〜12:00は特に気をつけましょう。

 

血行促進

 

適度な運動で血行促進すると効果は高いです。

 

まずは、手軽にできるウォーキングから始めてみて、お風呂上りには首や肩のこりをほぐすストレッチで頭皮への血流を促し、頭皮マッサージで血行をよくするのも効果的です。

 

睡眠

 

お肌にとってのゴールデンタイムは、もちろん頭皮にも当てはまります。

 

成長ホルモンが分泌される22:00〜2:00の良質な睡眠を心がけてください。

 

健康チェック

 

まれに、抜け毛の原因が病気の場合もあります。

 

産後も定期的に健康診断を受けて、抜け毛の原因となる病気が、自分の身体に潜んでいないかをチェックしましょう。

 

ストレス解消

 

産後の育児はとてもストレスの多い時期でもあります。

 

特に慣れない初産の場合や二人目以降の育児はバタバタ感が凄いので、そんな中で抜け毛の悩みをくよくよと考えることは、さらなるストレスにつながってしまいます。

 

趣味や運動など、自分にあったストレス解消法を見つけまししょう。

 

テレビの中の憧れの人にときめくのにも、エストロゲンなどの女性ホルモンを分泌する効果があるそうです。

 

正しいヘアケア

 

自分に合ったシャンプーや特におススメなのが産後用の育毛剤です。

 

頭皮環境を清潔に保つのが今後も後が引かない育毛への第一歩です。

 
 

放っておいても、いずれは「抜け毛」は治まって、見た目の髪の量は元通りになります。

 

しかし、この時期に受けたダメージや頭皮環境は元度どりにならなない可能性が高いのです。

 

そうはならないためにも産後は専用の育毛剤でケアして予防することをお薦めします!

 

今後も後悔しないために

産後,抜け毛,育毛剤,ひどい,いつから

このページの先頭へ